カーポート2台分の相場について

Posted on by

戸建て住宅の駐車場に屋根を設置する場合、カーポートの部品一式の費用と、工事施工の工事費が必要になります。カーポートの部品代は様々なメーカーから色々な商品が販売されていますが、2台分のカーポートにおいては最も安いもので概ね20万円程度が最下限となっています。これは、ある程度の機能性と耐久性を備えたメーカーの商品に限ったことですが、これを大きく下回るような安価な激安商品は、屋外の環境下に設置するにあたり予期せぬ危険も伴う可能性があるため、あまりお勧めできません。近年では数年おきに冬場の豪雪が襲ってきており、たとえ雪の少ない首都圏であっても、安価で構造の弱いものは結果的に愛車にまで致命的なダメージを与えてしまう危険性があるということは考慮せねばなりません。

頑丈なものであり安価なものを探す

カーポートは単に太陽からの光を遮断して自動車の塗装への影響を防ぐためのものではありません。むしろ日中の日差しの角度変化により、万事太陽光からのダメージをブロックできるはずもなく、それは地下駐車場だけに求められる機能と言えます。カーポートは雨や雹、雪などの影響から自動車と人を守ってくれるもので、その役割を十分に担えないものは、逆にそういった天災において凶器になってしまう危険性もあります。特に1台用は強度が低いものが多いので、注意が必要です。2台用のものは、基本的には支柱の数が多くなるので、より高い強度を誇ります。施工会社の能力にもよりますが、部品代金でリクシルなどの有名なメーカーの20万円~30万円のものを選択し、信頼できる施工業者に依頼すれば、まずは安心です。

2台カーポートの高級商品について

2台カーポートはそれなりに敷地面積や駐車場スペースに余裕があるご家庭で採用されることが多く、機能性や耐久性だけでなく、デザインなども重視されることが多くなっています。実際に2台分のカーポート商品では、部品代だけで50万円を大きく超えるものが多く用意されており、屋根の素材や支柱の素材、デザインにおいても、価格に応じて素晴らしいものが用意されています。最近では太陽光発電のセットになったカーポートまで用意されており、日照条件の良い場所においては、発電効果も大いに期待できることから、家の屋根ではなく駐車場だけに設置する事例もあります。こうした商品は200万円を超えてしまいますが、デザインに拘った高級商品でも、部品代で80万円程度用意できれば、かなり理想的なものを設置できます。