2台分のカーポート選びならサイズが大切です

Posted on by

自宅などに車を駐車するには車庫やカーポートなどが必要になりますが、車を購入して車庫やカーポートなどが必要になった場合には、それを建てることになります。しかし車庫を建てるとなると費用と建設期間がかかってしまい、車庫より簡単に建てることができる、カーポートにすることもあります。しかしカーポートを設置する際に注意しなければいけないこともあり、それが大きさになります。1台の場合にはそれほど問題はありませんが、2台など複数になると、同車種を駐車するとは限らないため、どのような車種になっても停めることができるように、ある程度の汎用性があるものを選ぶ必要があります。その際に注意するべき点は、車の幅と高さであり、ミニバンなどの幅があり、高さがある車でも2台駐車できるものを選びましょう。

どのように駐車するのかで変わります

多くの場合に、自宅などの車庫に車を停める際に2台以上あるときは、それぞれの車が隣にくるように並んで停まることになります。このように並べて停めることをカーポートで行なうとすると、その分の幅が必要になり、車2台が並んだとき、車同士がぶつからず、かつ乗り降りがスムーズに行なえる広さを取ることが重要になってくるため、横幅があることを確認して決定するようにしましょう。また、横に並んで停めるのではなく、縦に並んで縦列に駐車する場合もあります。その場合には横幅よりも奥行きが重要になってきて、2台が縦に並んでも十分な長さがあるカーポートを選ぶ必要があります。カーポートを購入する際には駐車する場所の大きさを測り、きちんと使えるカーポートを選ぶようにしましょう。

地域によっても選ぶものは変わってきます

カーポート選びで大切なことは大きさになりますが、地域の特性も理解して選ぶこともとても重要になります。日本の場合には四季があり、それぞれの季節により特徴が違うものになります。特に冬は南のほうでは降雪量も少なかったり降らなかったりしますが、北にいくにつれて降雪量は増えていくことになります。そのためそれほど雪が降らない地域と同じようなカーポートを、降雪量が多い地域で使ってしまうと、雪の重みによりつぶれてしまうなどの被害が起こることがあります。そのような被害が起こらないように、降雪量が多い地域では補助柱がついたものや柱の本数がさらに多くなっているものなど、大量な雪でもカーポートがつぶれないつくりであるものを選ぶようにしましょう。このように地域にあったものを利用することは、とても大切なことになります。